地盤調査を頼んじゃおう【簡単に依頼できる】

記事リスト

住宅を守るために

重機

試験方法による違い

見た目は平らで強固そうに見える地面でも、その下は粘土層になっていたり、水脈が通っていたりで軟弱なため、地盤改良工事をしないまま住宅を建ててしまうと住宅が傾いてしまい、生活上不便となり、住宅の資産価値が減少してしまいます。最近では大きな地震があるたびに住宅そのものは倒壊していないけれど、住宅が傾いていて住むことが困難な姿を見ることも多く、施主からも地盤調査をしっかりやらなければという方向に進んでいます。地盤調査の結果によって、より強固な基礎を選択したり、場合によっては地盤改良工事を行うようにします。住宅において最も多い地盤調査方法はスウェーデン式サウンディング試験で、次いでボーリング試験になります。どちらも重りをつけて回転または打撃によってどれだけ地面を掘りすすめるかを測定する試験なのですが、地盤調査の規模と試験結果の正確さに違いがあります。スウェーデン式サウンディング試験は人間でも動かせるほどの大きさの機器を運びこむだけで済むため、広い敷地でなくても可能な試験方法で戸建て住宅ではほとんどスウェーデン式サウンディング試験で地盤調査が行われています。一方、ボーリング試験は大型の機器を導入しなければいけないので、マンションのような広い土地で使われています。スウェーデン式サウンディング試験は地質を推定するのに対してボーリング試験は実際に砂なのか粘土なのかを見ることができるので試験結果の信頼は高いといえます。費用に関してはスウェーデン式サウンディング試験の方が安価となっています。

Copyright© 2018 地盤調査を頼んじゃおう【簡単に依頼できる】 All Rights Reserved.