地盤調査を頼んじゃおう【簡単に依頼できる】

記事リスト

安心して建物を建てるため

作業員

利用する目的

地盤調査は建物を建てようとするときに行うことが多いです。なぜこのタイミングで行うのかというと、建物を安心して建てるためです。地盤が脆弱だと、地震など災害が起こったときに建物が倒壊したり、地盤沈下したり、液状化により沈んだりするおそれが出てきます。地震大国である日本では、地盤が強固なものかを確認するのは非常に重要なことです。周りの様子からある程度類推することはできますが、建物を建てようとするその土地がどうかということは地盤調査をしてみなければ確実とはいえません。ちょっとした違いで脆弱性に大きく差が付くこともあるためです。仮に地盤が脆弱でも、地盤補強工事によりある程度地盤を強くすることは可能です。そのため、建物を建てる前には必ず地盤調査を行う必要があるといえます。地盤調査と一口に言っても様々な方法がありますが、よく行われているのはスウェーデン式サウンディング試験というものです。ほかにも、ボーリング試験、平板載荷試験など様々な方法があります。時と場合により選ばれる方法は変わります。よく行われるスウェーデン式サウンディング試験では、盛り土の有無や地下水位の有無、自沈層の有無、土質についてなどがわかります。それぞれ土地の脆弱性を示す重要な数値なので、事前に見方を確認しておくとよいでしょう。自分で見方がわかっておけば確実です。とはいえ専門家の知見にはかなわないので、説明を丁寧にしてくれる業者かを確認しておくとよいでしょう。

Copyright© 2018 地盤調査を頼んじゃおう【簡単に依頼できる】 All Rights Reserved.