地盤調査を頼んじゃおう【簡単に依頼できる】

重機

住宅を守るために

見た目は強固そうな地盤でもその下は軟弱な層になっていることもあるので、地盤調査は必要不可欠です。地盤調査の方法はスウェーデン式サウンディング試験とボーリング試験があり、前者の方が安価ですが、後者の方が結果の信頼性が高い特徴があります。

記事リスト

工事現場

試験結果の見方

地盤調査を行うと試験結果として地盤調査書が提出されます。細かなことが書かれていますが、その中でも換算N値と許容支持力qaの値を中心にみるようにして、N値で地盤の状態がわかり、許容支持力qaで採用すべき基礎が判定できます。

地盤調査

試験をする業者の選び方

信用のおける地盤調査会社を選ばなければ不要な費用を払わなければいけなかったり、再工事が必要になることもあるので慎重に選ぶようにしてください。業者の選び方は、近隣での豊富な実績がある自社で直接試験を実施しているところで、創業から20年以上経っているところを選ぶようにしてください。

機械

高い精度の試験結果を得る

地盤調査の結果によって基礎を決めたり、地盤改良を行うので、高い精度の結果が必要ですが、100%の精度の結果は出すことができません。より精度の高い結果を得るためには業者選びが重要で、試験方法やヒアリングについてチェックするようにしてください。

作業員

安心して建物を建てるため

地盤調査は建物を安心して建てられる土地かを調べるために行います。地盤が脆弱でも、補強工事をすれば安心できるため、行う価値は高いといえます。様々な方法がありますが、行う方式については見方を確認しておくとよいでしょう。

新築前に必要な試験

地盤調査

豊富な経験が必要

住宅を新築するときには、たとえ建て替えであっても、地盤調査が必要になります。法律で施行者が地盤調査をすることが義務づけられていますが、資産価値を守るためにも地盤調査をして、必要であれば地盤改良も行って大切な住宅を守るようにしてください。個人が建てる一般の木造住宅ではスウェーデン式サウンディング試験が一般的です。スウェーデン式サウンディング試験は、他の地盤調査方法と比べて安価で比較的試験結果が信用できることが特徴です。スクリューポイントを先端につけたドリルを地面に突き刺して、どのくらいの回転と重みでどれくらい進むかを測定することによって地盤の強固さを測定し、地質を推定します。試験結果をN値と呼ばれる値におきかえることによって地盤の強度を数値化することができるので、地盤強化が必要かどうかの判断材料として使いやすい特徴があります。ボーリング試験のような大型の機械を搬入する必要がないので、狭いところでも地盤調査をすることができ、試験にかかる時間も短時間で済むことも利点です。しかし、ボーリング試験は直接土壌を見ることができるのに対して、スウェーデン式サウンディング試験は地質を推定することになるので、試験をする人の豊富な経験が必要になります。そのため、スウェーデン式サウンディング試験をしてもらう業者を選ぶときには、地盤調査の豊富な試験実績があり、試験結果をしっかりとした報告書で提出してくれる業者を選ぶようにしてください。

Copyright© 2018 地盤調査を頼んじゃおう【簡単に依頼できる】 All Rights Reserved.